製品開発の歴史

技術者として常に将来を見据え、社会に貢献する先進的な技術開発に取り組んできた創業者の想い。その想いを継承し、存在感のある企業として進化し続けます。



創業理念:
世界の技術的進歩を先取りしながらユーザーニーズに合わせた無駄のない製品を開発し生産し販売することにより世界人類に広く貢献する専門企業であること

創業者 小暮達次郎


 



開発

緑測器の製品開発は時代と共に変化する多種多様なセンシング技術の中から、個別最適でお客様へご提供出来るよう独自のモノづくりを継承しながら革新を続けています。

  • お客様一人一人の想いをカタチにする新製品の開発
  • 歴史と実績で培った製品、製造ノウハウを継承した新製品の開発
  • 各産業分野へ高精度で長期安定的に使える信頼性の高いセンサ新製品の開発

要素開発から試作、量産まで一貫した流れ

  • センシングコア部分の要素開発 検出素子の選定~評価、原理モデルの製作、特性評価など
  • 社内製造部、外注協力会社の対応可否を含め、最適な設計を行う

設計

緑測器の製品設計は常に顧客ニーズ、市場動向、規格改訂、部品の最新情報に常時着目し、新規設計に取り組んでおります。

  • 宇宙・防衛産業の厳しい耐環境要望にも対応できる製品設計
  • 少量生産にも対応した製品設計
  • 様々な分野の使用実績を駆使した具体的な製品設計

製品設計から試作、量産まで一貫した流れ

  • 製品仕様の検討→製造可否の確認 → 試作 → 仕様調整というプロセスを踏む
  • 社内製造部、外注協力会社の対応可否を含め、最適な設計を行う

 

pagetop