製品開発の歴史

創業者である小暮達次郎は、戦時中の苦難の経験から、国益に資する事業を興したいという志を抱き、
1952年に緑測器を創業。
創業以来、ポテンショメータの専門企業として、世界の技術的進歩を先取りした数々の製品を生み出しました。

 


 

開発

独自の技術が実現する、お客様への個別最適

創業70年以上、独自のモノづくりを継承しながら革新を続けて
きた緑測器。
目まぐるしく変化する時代の中で、各産業の発展に大きく貢献
してまいりました。

長い歴史の中で培ったノウハウから生まれたのは高い品質性。
要素開発から製品企画、試作、量産まで、モノづくりのすべての
プロセスを自社で構築しているため、高品質で最適な設計を
行うことが可能です。

これからもお客様一人ひとりの想いをカタチに、
個別最適な製品を提供してまいります。


設計

ワンストッププロセスで、最適な設計を

人工衛星や打ち上げロケット、防衛産業など、
日本の未来を守る場所でも緑測器の技術は活躍しております。

さまざまな産業から国の最先端技術まで、
各ニーズに最適な製品設計を実現するため、
緑測器では生産ライン構築を一貫して自社で対応。

お客様のご要望の実現可能性を検討し、QCDを最適化。
社内および協力会社の製造ラインの品質や生産性を
考慮したうえで、最適な設計を行ってまいります。

 

pagetop