企業情報

企業情報

ポテンショメータ、エンコーダ製造開発

あいさつ


「正しいことを正しく、早く、最後までやり切る」

 

    私たち緑測器は、お客様との信頼関係を何よりも大切にしています。
    「人間として何が正しいか」を判断基準に、全社員がリーダーシップを発揮し、
    お客様のために、正しいことを正しく、早く、最後までやり切ります。

    行動規範を遵守し、お客様のニーズや時代の変化に柔軟かつ迅速に対応することで、
    お客様の真のパートナーとなり、お客様のものづくりに貢献して参ります。

 

         Mission(使命)


            お客様のものづくりに新たな価値を創造し、持続可能な社会の発展に貢献する


         Vision(あるべき姿)


           お客様に信頼され、お客様と共に成長し、お客様の真のパートナーとなる


         Value(行動規範


           ①お客様起点で徹底的に考え、率直に議論する
           ②部門/会社の枠を超えて連携し、尊重し助け合う
           ③前例/失敗にとらわれず、新しいことに挑戦し続ける

 

代表取締役社長
西山智史

品質方針

顧客のニーズと期待を把握し、顧客及び法・規制要求を満足した製品を提供することを基本方針とします。

  1. 品質マネジメントシステムを維持し、パフォーマンスを高めるために継続的に改善します。
  2. 製品開発力を強化し、顧客の期待とニーズに積極的に応えます。
  3. 品質保証のプロセスを遵守し、改善し、不適合製品の撲滅を図ります。

 

環境方針

緑測器は、精密変位センサを世界の先端技術に提供することで省エネルギー、省資源に貢献するとともに、環境マネジメントシステムを運用して環境に優しい企業を目指します。

  1. 全ての活動、製品及びサービスにかかわる設計・開発、製造、販売における環境影響を明確にし、著しい環境側面を継続的に改善し、汚染の予防に努めます。
  2. 環境側面に関係する法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  3. 環境方針に整合した環境目的及び目標をマネジメントレビューで決定し、定期的に見直します。
  4. 活動、製品及びサービスにおける重点課題として次を取り組みます。

    a)省資源、省エネルギーを推進します。
    b)廃棄物を管理し、環境への影響を継続的に改善します。
    c)有害化学物質の使用を管理し、環境への影響を継続的に改善します。

 

環境への取組み

ISO14001:2004に適合した環境マネジメントシステムを構築し、2005年12月財団法人日本品質機構の認証登録をしました。(2017年に2015年版に移行しています。)環境に優しい企業であることを方針として、生産活動に伴う環境影響の低減と製品のグリーン化を重点課題として取り組んでいます。

  1. 電力使用量の低減

    地球温暖化の原因となる二酸化炭素の大気排出量を低減するために、節電活動を徹底するとともに生産性を向上し電力の効率的な使用を推進します。

  2. 産業廃棄物の削減

    製品廃棄による土壌汚染や水質汚染による生態系への影響を無くすために、仕損・クレームを低減し産業廃棄物の削減を推進します。

  3. 有害化学物質の適性管理

    環境にやさしい製品開発に向けて有機溶剤や危険物の適性管理を強化するとともに、環境適合設計を進め製造工程での使用を低減します。


TOP