2020.05.08
新製品

小型 / 薄型セパレートタイプ回転角度センサ『CP2HXシリーズ』の発売のご案内

株式会社緑測器 (本社:東京都羽村市、代表取締役社長:佐藤和久、以下緑測器)は、電子制御機器などの小型化 / 薄型化 / 高機能化のニーズに対し、セパレートタイプのト無接触回転角度センサ『CP2HX シリーズ』の発売を開始いたしました。
既にフィールドでの製品適用を先行して行い、良好な結果を確認しております。
当該製品は、省スペース化を可能とするためにセンサ部の厚みを7mm に抑え、お客様側の機器の回転軸とセンサ部が分離していても角度検出が可能なセパレートタイプのセンサユニットです。
センサ部の電子回路部は防水構造になっており、密閉性はIP67 が確保されています。また、電線の線径は0.5mm2 を採用しており、車両用防水コネクタの取り付けも可能です。
ロボットの関節角度検出、建設機械、産業車両のヒューマンインターフェース等、幅広い用途で活躍します。

■特長
◎ 小型 / 薄型でセンサ部とシャフト部が分離した“セパレートタイプ” センサユニット
◎ 機器組付け時の出っ張りが少なく省スペース センサ部:厚み7mm
◎ センサユニットの電子回路部は高い密閉性IP67 を確保
◎ 用途に応じて有効角度の選択が可能:±5°~±180°
◎ 出力は、レシオ出力×2ch(独立)で冗長性を有り
◎ センサ部とシャフト部の距離は、最大4mm を許容
◎ 電線径は0.5mm2 で堅牢性を有し、車両用防水コネクタの取り付けも可能

 

プレスリリーズ PDF

製品ページ リンク

pagetop